日本のペットフード市場には、販売店を限定しないエコノミーブランド(ナショナルブランド)とペットショップやインターネットなど限定での販売を行うプレミアムブランド(専門店ブランド)とがあります。

エコノミーブランド(ナショナルブランド)

量販店(スーパーやホームセンター)での販売が中心です。低価格で「食いつきの良さ」と、飼い主さんの購買意欲をかき立てる商品名が特徴です。価格競争が非常に激しく、売り出した端から価格が下落するのでメーカーの経営を圧迫し、商品の原材料を落としてコストダウンを行うといった悪循環を招いています。

プレミアムブランド(専門店ブランド)

基本的に品質を重視したものが多く、1つのブランドからライフーステージ別に数種類作られています。量販店での販売を行うと、価格の下落が起き品質の保持が難しくなるので、ペットショップやインターネットでしか購入できません。

この説明を読んで「だったら、品質の良いプレミアムブランドのペットフードを買いたい! けれど、どこがいいの?」と思われた飼い主さんも多いでしょう。しかし、残念ながら「ここのペットフードがあなたの愛犬に合います!」とは、ご紹介できません。けれどその代わりに、評判の良いプレミアムブランドを比較しやすいように、ご紹介してみますね。

メーカーのペットフードへの理念が、品質を変えるいっても過言ではありませんから、各メーカーの「こだわり」や「主な商品の特徴」そして「おすすめ理由」などを中心に書いていきます。