ペットフード安全法

2007年に米国で、メラミンの混入したペットフードを食べた犬や猫が死亡する事故がありました。日本でも輸入販売されていたので大きな問題になりました。

この事故がきっかけで、2009年6月、ペットフードに関しては、業界の自主基準しかなかった日本も、『愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律』(以下、『ペットフード安全法』)を施行しました。

一安心といいたいところですが、実はこの『ペットフード安全法』、万全ではありませんでした。

原料については、<有害な物質を含み、若しくは病原微生物により汚染され、又はこれらの疑いがある原材料を用いてはならない>とあるだけ。

何が入っているか?については、<原材料名(原則的に添加物を含む全ての原材料を表示する)>とありますが、○○類や○○ミールと書かれているの原料は、加工済み原材料とされ、合成添加物などの表記は不要。これでは、あまり役に立ちませんよね。

4Dミートという現実

皆さんは肉のランクというのをご存じですか?

例えば、米国。一番品質が良いのは霜降り、テンダーカットなどの1ランク。7ランクより下は人は食べられません。

8ランクは3Dミートと言われる、Dead(死んだ動物の肉)・Dying(死にかけていた動物の肉)・Diseased(病気の動物の肉)の肉。そして最低の9ランクは、これにDisabled(身体の一部に障害のある動物の肉)が加わり4Dミートと呼ばれます。人が食べないのですから廃棄するはず肉ですが、処分するにはお金がかかる……、そこで考えられたのが、何とペットフードへの利用だったのです。

私は、このことを知った時「こんなもの入れるなんて!」と憤慨しました。けれどこれは、消費者が喜ぶ「安さ」を追求した結果でもあるのです。人が食べる肉では、安くても100g100円くらいはします。しかし、ペットフードは10kg1,000円くらいで買えてしまいます。100g10円です。これには、加工費、流通費、広告費、パッケージ代なども含まれます。

こんな値段で利益を出すには、4Dミートを使うしかないでしょう。

本当にペットフードで健康で長生き?

私が子供のころは、愛犬にペットフードなど食べさせてはいませんでした。けれど、いつからか食事=ペットフードだと思ってしまっていました。CMか何かでペットフードは栄養バランスが良いので健康で長生きができる、と見たのがきっかけだったと思います。

本当にペットフードは万能なのでしょうか?
少しのトッピングも許されない「栄養バランス」は必要でしょうか?

子供のころ飼っていたワンちゃんは、最期まで元気で長生きしました。なのに、今の我が家の愛犬は、ペットフードだけを食べさせていたのに、アレルギーや肥満、皮膚病に苦しめられました。

人には害があるから、と使わない「何年も腐らない合成保存料などの添加物」、「4Dといわれる死肉など」が、犬なら大丈夫と大量に使われている……私には、本当にこれで健康で長生きできるとは、どうしても思えません。

安心安全なドッグフードベスト5ランキング