評判のドックフードのこと、どこまでご存知ですか?

ペットフードに使われている合成添加物の危険性を知っていますか?

愛犬コロンとチロルの画像あなたの愛犬の体臭やアレルギーは食べ物が原因かもしれません。

私は、我が子と愛犬の、アレルギー発症をきっかけに、合成添加物など食品に含まれる添加物の危険性を知るようになりました。特に愛犬のアレルギー悪化は、私に正しい知識がなかったことが原因でもあり、自分に対して腹が立ちましたし、後悔しています。

残念ながら、現状のペットフードは、粗悪で危険なものも多く、ワンちゃんの病気の原因にもなっています。そんな中で私は、無添加にこだわったフードに出会いました。

このサイトは、皆さんに少しでも「無添加ドッグフード」のすばらしさを知っていただくことを目的に作りました。

もちろん無添加といっても、全てのワンちゃんに合うペットフードは存在しません。しかし、必ずあなたの愛犬にピッタリのフードは見つかります。そのためにお勧めの無添加フードランキングなど役立つ情報もまとめてあります。

ワンちゃんの健康は、飼い主さんの食べ物を選ぶ目にかかっています。このサイトが、愛犬の健康を第一に考えている、飼い主さんのお役にたてることを願っています。

我が子のアレルギー体験

愛犬コロンとチロルの食事風景私は、夫と2人の子供と2匹の犬とで横浜に暮らす平凡な主婦です。しかし、二男が生後3か月半で卵アレルギー、6か月でぜんそくを発症したことで、その生活が一変。アレルギーについて常に意識することが日常となりました。

医師の指示通りだけでなく、自分でも何かしたくて、沢山のアレルギー関係の資料を読みました。その中で、私は食品に含まれる合成添加物の危険性を知ったのです。アレルギーの発症と大きくかかわっていました。

それから無添加食を始め、今二男は、食物チャレンジ(アレルゲンである食品を食べること)の結果、卵白を大体除去すれば大丈夫なまでに回復しています。

老犬フードが原因でアレルギー発症

そして、我が家の愛犬コロンは、10歳を越えるチワワで、小麦粉アレルギーを持っています。

きっかけは、二男のアレルギー治療の中、コロンの元気がなくなったことがあり、体に良さそうな老犬用のペットフードを安易に与えてしまったことでした。このとき私は、二男のことで頭が一杯で、気持ちがコロンに向いていませんでした。食欲が落ちていたのに「年のせいかな?」と放置してしまったことで、気がついたときには、抜け毛に肥満、体臭もきつくなり、後ろ足で体を掻くようになっていました。

愛犬コロンとチロルのバックに入った画像その姿に、あわてて獣医師に見せ、コロンの小麦粉アレルギーが分ったのです。良かれと思って変えた老犬用のペットフードが原因でした。そしてアレルギーだけでなく、抜け毛に肥満にきつい体臭、その全てがペットフードのせいだと知ったときの驚き!長年食べさせてきたフードに含まれていた合成添加物が大きく影響していたのです。

我が家には老犬のコロンだけでなく、コロンの妹犬としてむかえた同じチロルもいます。

それからは、愛犬を含めた家族全員のため、それぞれに合った無添加フードや安心できるグッズを活用しています。そんな経験をこのサイトでまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

flair無添加ドッグフードのベスト5はコチラです>>

このページの上部へ